2020年ホノルルフルマラソンとコロナについて

まとめ
スポンサーリンク

2020年ホノルルマラソン大会は11月10日までエントリー募集されていますが、コロナウイルスにより大会開催ができるのかどうか危ぶまれている方も多いと思いますので、まとめてみました。

ホノルルマラソン大会運営のコロナウイルスに関する対応

ホノルルマラソンの主催であるJALからは下記のように声明を出しています。

本大会ならびに関連イベントの開催・運営に際し、ホノルルマラソン協会は、アメリカ合衆国、ハワイ州、ホノルル市・郡、その他の公的機関の判断・指示に従い、内容を変更する可能性があります。予めご了承ください。
なお、ご案内している内容に変更が生じた場合には、速やかに当ホームページにてお知らせいたします。

引用:https://www.honolulumarathon.jp/2020/

2020年のホノルルマラソンは大会自体が開催されるのかシビアな状況ですが、「エントリー料」の返金はされないことを通知しています。

大会の内容が変更となった場合や、万が一、大会自体の開催が中止となった場合にも、エントリー料の返金や利用マイルの払い戻しはございません 。

JALホノルルマラソン2020 12月13日(日) 午前5時スタート
JALホノルルマラソンは参加定員も制限時間もなく、サブフォークラスのベテランランナーから、マラソン初心者の方まで、家族や友人と一緒に誰もが参加できるマラソン大会です。

ホノルルマラソンが中止・延期される場合

JALからは以下のようにアナウンスを出しています。

  • 大会中止の場合:次回大会(2021年12月開催予定)にエントリー振替
  • 大会延期の場合:延期開催される大会(現時点では開催時期未定)にエントリー振替
JALホノルルマラソン2020 12月13日(日) 午前5時スタート
JALホノルルマラソンは参加定員も制限時間もなく、サブフォークラスのベテランランナーから、マラソン初心者の方まで、家族や友人と一緒に誰もが参加できるマラソン大会です。

いずれにせよフライト日程・宿泊施設の見直しは必要になりますので、航空会社、ホテルやAirbnbのキャンセル手数料など早めにチェックしてくださいね。

ハワイと日本を結ぶ航空状況について

2020年10月9日現在、生活に必要最低限必要な便を除き、ハワイと日本を結ぶ航空各会社ほぼ全て運休や臨時便のみの運行です。

コロナウイルスにより飛行機チケットの返金も特別に行われているので、もしキャンセルをされる場合は予約した航空会社へ確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました