【2019年必見】旅行会社よりも格安でハワイ・ホノルルマラソンに参加する方法まとめ

まとめ
スポンサーリンク

ホノルルマラソンには興味があっても、費用がネックで参加できない方が多いと思われます。

Hongoも同じ状況でしたが、いかに安く抑えてホノルルマラソンを走ったかをまとめました!

ホノルルマラソンは4月からエントリー開始(アーリー期間)!早めにエントリーしよう

ホノルルマラソンは毎年12月の第2日曜日に行われます。

日本でのエントリーは3期に別れてエントリー受付が行われますが、後期になるほど高くなります。

  • アーリー(4月中);22,000円
  • 第1期(5月~9月):27,000円
  • 第2期(9月~11月):29,000円
  • 現地受付:340USドル ※ホノルルでの受付になります。

アーリー期間と第2期で7,000円も違いますので、ホノルルマラソンに申し込むなら、4月を狙いましょう。

ちなみにホノルルマラソン大会翌日から来年のエントリーを受け付けており、その費用は3,000円台!

何故かあまり知られてないんですよね、旅行会社が儲からないからかもしれませんが…。

来年も走る方は、ぜひ申し込んでおきましょう。

ハワイ入国に必要なESTA(ビザ免除プログラム)は自分で申請すべし

ESTAとはアメリカ入国で義務付けられているビザの免除プログラムのことで、ビザを持っている人は不要なんですが、アメリカのビザなんて海外にあまり行かない人は所持しないですよね。

Hongoもそのパターンだったので、前もって申請しました。

ESTAは一度申請すれば2年有効で、旅行会社に代理申請すると5,000円以上しますが、自分で申請すれば14ドルで済みます。
※クレジットカードで支払うためカードが必要
※記入内容を間違えると再入力に10日間必要になるので、出発前などギリギリでの申請はやめましょう。

ハワイ・ホノルルで滞在するならホテルではなくAirBnBを使おう

ハワイのホテルは物価が高いこともあいまって、ホテルはどこも高いです。

ホテルのグレードを選ばなかったら1万円台もそこそこありますが、どうせならAirbnbを使いましょう!

HongoはDeaf(デフ・難聴)でしたが、Airbnbアプリをダウンロードして、クレジットカードと身分証明を登録するだけですぐ使えました。

しかもホストの多くはワイキキビーチ近くに居を構えていることもあり、このアドバンテージは非常に大きいです。

Hongoが泊まったときは、1週間で10万円レベルのハイグレードな一軒家が3万円もしなかったです。

Airbnbのホストは中国の方でしたが、非常に親切で写真以外にも色々と差し入れをいただいたり、地元の食事が安い店の情報を教えてくれたり、自転車を貸してくださったり、コストコに連れて行ってくれたりと、致せり尽くせりしていただきました。

飛行機のフライトは早めに申し込むほど安い!

飛行機のフライトは早割システムもあるので早めに確保するのが良いでしょう。

2019年3月時点ですが、「surpricenow」でなら、大阪とホノルル往復で木曜出発・月曜帰国なら5万円台で行けます。

ただし開催日が近づくほど料金が跳ね上がるので、はやめに購入しましょう。

まとめ

ハワイで食事の思い出も作りたい方はともかく、スーパーで買って自炊するのが良いでしょう。

結構珍しいものがたくさん売られているので、色々食べられますよ。
高校や大学での部活や自炊時代を思い出すと思います。

移動に関してはJTBカードを持っていればトロリーバスが使えますが、Uberを使って楽してもいいし、ワイキキビーチを歩いてアラモアナセンターへ向かってもいいし、レンタル自転車を借りて移動してもOK、ただしレンタカーだけはやめたほうが良いです、使うならボッタクリ前提で覚悟してください。

観光旅行じゃない旅を目指すHongoならではの内容なので皆さんの参考になるかわかりませんが、少なくとも旅行会社より安く浮かせられる自信はあります。

ハワイ・ホノルルマラソンにコスパよく走りたい方の参考になれば幸いです!

まとめ
初心者1人でも完走できるホノルルマラソン(honolulumarathon)攻略ガイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました